徒然と書くさ

若輩者による映画備忘録、雑記 ※映画の備忘録記事はネタバレに注意

【映画】探偵はBARにいる

行きつけの札幌・ススキノのバーにいた探偵(大泉洋)と相棒の高田(松田龍平)は、コンドウキョウコという女からの依頼の電話を受けて早速行動を開始。しかし、何者かに連れ去られ、雪に埋められてしまうという事態に。報復しようと立ち上がった2人の前に、謎の美女・沙織(小雪)と実業家・霧島(西田敏行)という人物、そして四つの殺人事件が浮かび上がり……。

シネマトゥデイ

 

この映画の空気が好き。

札幌が舞台というのもなんかいい。

 

大泉洋松田龍平のコンビ。

おちゃらけ過ぎず、がっつり過ぎず、ゆる過ぎず。

松田龍平のアクションが普通にかっこよかった笑

 

そして、探偵という俺得テーマ。

 

ただ、探偵映画で肝心の脚本が個人的には微妙だった。

小説が原作だけあって、このストーリーは小説向きだと思った。

 

どんでん返しが起こるわけだが、驚きはほぼないし、 悲劇感もなんだか薄い。

 

二作目と三作目はまだ観ていないので楽しみ。

 

探偵はBARにいる

探偵はBARにいる

 

【映画】マチルダ【Matilda】

最低な両親のもとに生まれ育ったマチルダ。念願の小学校に入学させてもらうことになるも、そこの校長先生も子供嫌いで酷い人だった。天才的な頭脳と超能力、そして勇敢さを武器に、マチルダは大人たちに立ち向かっていく。

 

マチルダ役の子が可愛くて適役。

 

全体的にほんわかほっこりしてて老若男女が楽しめる感じの良い映画。

 

ただ、なんか惜しい。

 

一つは、マチルダが高スペック過ぎるところ。

天才的な頭脳に加えて超能力まで使えちゃうとなるともうなんでもありだ。

原作がこういう話なんだからしょうがないんだけど、個人的にはその頭脳を駆使して工夫を凝らす展開の方が観てみたかった。

 

そしてもう一つが、子供たちとハニー先生の逆襲。

いくらあの女校長が酷いとはいえ、小学校低学年児くらいの子供たちが寄ってたかって一人の人間に物を投げつける光景はあまり好かない。

洋画や海外(アメリカ)のスポーツでよく目にする光景なので、これはお国柄の違いなのかもしれない。

 

↓↓ 参考までに、NBAで有名な乱闘事件 ↓↓

 

3:28-4:10 くらいまでのシーン。

 


Ron Artest BROWL WITH THE PISTONS PLAYERS AND FANS !!!!!! 2004

 

【映画】ネバー・サレンダー 肉弾凶器【The Marine】

軍を引退した元海兵隊員の男が、犯罪集団に誘拐された愛妻を奪還するために立ち上がるアクション・ムービー。全米屈指のプロレス団体WWE(ワールド・レスリング・エンターテイメント)で“ワル学の帝王”の異名を持つヘビー級王者のジョン・シナが、不死身の元海兵隊員を熱演する。

海兵隊員のジョン(ジョン・シナ)は、イラクでの決死の救出作戦の成功で英雄となる。しかし、その行動が軍法に触れて除隊処分となり、故郷で愛する妻と静かな生活を始める。そんな中、逃走中のダイヤモンド強奪団が妻を誘拐してしまう。怒りに打ち振るえたジョンは妻を無事に取り戻すため、命がけで追跡を始めるのだが……。

シネマトゥデイ

 

主演を演じた役者の体の凄さに驚いたが、作品概要を見て納得。

有名なプロレスラーなのね。肉弾凶器という邦題のサブタイトルにも頷ける笑

 

再就職先のセキュリティー会社でボコしたチンピラたちとダイヤモンド強盗団に関わりがあって、そこから何か始まるのかと思ったけど関係なかった。

 

仲間割れを含め、相手の人数が徐々に少なくなっていく感じに笑う。

 

ネバー・サレンダー肉弾凶器 [DVD]

ネバー・サレンダー肉弾凶器 [DVD]