徒然と書くさ

若輩者による映画備忘録、雑記 ※映画の備忘録記事はネタバレに注意

2016-12-20から1日間の記事一覧

【映画】白ゆき姫殺人事件

湊かなえの小説が原作と知っていたせいってのもあるかもしれないけど、冒頭から日本のミステリー?サスペンス?小説が原作なんだろうな感がすごい。まあ実際そうなんだけど、なんかこういうタッチの映画は好きになれない。もっとハリウッド映画みたいに手に…

【映画】スリーデイズ【The Next Three Days】

殺人罪で捕まってしまった冤罪の妻を刑務所から脱獄させるため、子供と3人での日常を取り戻すため、一教師にすぎない夫が奮闘するといったストーリー。 家族や恋人といった愛する人のために夫が大きな敵や壁に立ち向かうといったストーリーは数多くある。こ…

【映画】12人の優しい日本人

映画『十二人の怒れる男』へのオマージュとして、「もし日本にも陪審制があったら?」という架空の設定で描かれる法廷劇・密室劇。『十二人の怒れる男』での展開や設定を基にしたパロディが各シーンでみられる。 (Wikipedia) 冒頭、ろくな話し合いもせずに最…

【映画】エグザム【Exam】

「世界一危険な就職試験」「合格者は死ぬまで年棒1億円の報酬」「制限時間は80分」「ルールは3つ」「答えは1つ」「しかし、問題用紙は“白紙”」 あらすじのキーワードをみただけで面白そう、と同時にオチがなんとなく予想できる。笑 俺の予想通りに内容も…