徒然と書くさ

米国在住の若輩者による備忘録、雑記です。   ※映画の備忘録記事はネタバレに注意

・実写化 / 映画化

【映画】オー・ルーシー!【Oh Lucy!】

あらすじ・解説(ネタバレ注意) 第67回カンヌ国際映画祭シネフォンダシオン部門(学生部門)で上映された平柳敦子監督による桃井かおり主演の同名短編映画を、平柳監督自身が長編作品として再映画化。退屈な毎日を送る43歳の独身OL節子。そんな節子は、ひょ…

【映画】HERO

あらすじ パーティーコンパニオンの女性が、ネウストリア公国(架空の国)大使館付近の路上で交通事故に遭い死亡する事故が発生。捜査にあたる久利生公平検事(木村拓哉)と事務官の麻木千佳(北川景子)は、大使館と事故は関係があるのではないかと考える。…

【映画】聲の形

タイトルからなんとなく気になっていた作品。 「声」をあえて「聲」と表記している物珍しさに釣られたのだろう←笑 本編が始まり、軽く衝撃を受けた。ヒロインがろうあ者だなんて全く予想していなかったから。おかげで、あえて「聲」と表記しているタイトルに…

【映画】ザ・ドア 交差する世界【Die Tür】

ドイツの作品。 あらすじ・概要 「偽りなき者」でカンヌ映画祭主演男優賞を受賞したデンマーク出身の俳優マッツ・ミケルセン主演、過去と未来を繋ぐ扉がもたらすパラレルワールドを舞台としたSFサスペンス。自らの不倫中に娘を事故で亡くし、妻にも愛想を尽…

【映画】自虐の詩

漫画を原作とした映画。 この類の非現実的なコメディーは漫画だからこそ面白い。映画化に失敗している典型的な邦画の感じ。感動の要素もあるが茶番にしかみえない。キャストの無駄遣い・・・笑 ちゃぶ台返しが印象に残る作品だが、何度かあるちゃぶ台返しの…

【映画】セルピコ【Serpico】

ニューヨーク市警に蔓延する汚職や腐敗に立ち向かう警察官の実話に基づいた作品。 雨の降る夜、救急病院に一人の重症の警察官が運び込まれた。彼の名前はフランク・セルピコ、ニューヨーク市警の麻薬課刑事だ。セルピコは捜査中に同僚の警察官によって銃撃さ…

【映画】ラスベガスをぶっつぶせ【21】

マサチューセッツ工科大学の数学の天才学生たちが、ラスベガスのカジノで荒稼ぎしたという実話を基にした大ベストセラーを映画化。 ベン(ジム・スタージェス)はある日、並外れた数学的資質を教授(ケヴィン・スペイシー)に見込まれ、ブラックジャックの必…

【映画】図書館戦争 THE LAST MISSION

kfc22.hatenablog.jp まあだいたいの感想は前作と同じだけど、連続で観たおかげもあってか良い意味で観慣れた。ということで、今回はエンタメ映画として細かいことは気にせずに観ることができた。 多分だけど、前作も原作を知っている人にとってはそこまで違…

【映画】図書館戦争

国家によるメディアに対する取り締まりが「メディア良化法」により正当化されている架空の社会。読書の自由を守るための自衛組織・図書隊の隊員にかつて助けてもらった笠原郁(榮倉奈々)は、憧れの図書隊員になる。担当教官・堂上篤(岡田准一)の厳しい指…

【映画】砂の器

ある日、死体が発見されたが被害者の身許が分らず捜査は難航した。今西(丹波哲郎)と吉村(森田健作)刑事は、事件前夜に被害者と酒を飲んでいた若い男の存在に行き当たり、東北訛りの「カメダ」という言葉を手掛かりに、男の行方を追う。いよいよ迷宮入り…

【映画】フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ【Fifty Shades of Grey】

英文学を専攻する平凡な女子大生が、若くて有能だがサディストの性的嗜好を持つ大富豪の男と知り合う。やがて彼らは契約を結び、主従関係に・・・ BDSM(SM)の主従契約を結ぶという内容の恋愛小説で、主婦が書いた女性向けのエロティックな小説として「マミ…

【映画】2番目のキス【Fever Pitch】

Wikipediaさんの受け売り情報によると、 本作は1997年のイギリス映画「Fever Pitch」のリメイク。原作およびイギリス版ではサッカーが題材となっていたが、本作ではアメリカ市場に合わせて野球を題材としている。イギリス版、アメリカ版共にスポーツにおいて…

【映画】トガニ 幼き瞳の告発【도가니】

ハングル: 도가니 漢字: 発音: トガニ 英題: Silenced(Do Gani) (Wikipedia) 韓国の聾学校において、校長や教員の生徒に対する性的暴力が日常化していたという実際に起きた事件をベースに描いた作品。 感想 韓国社会腐ってんな。 いや、どこの国だってこ…

【映画】日本で一番悪い奴ら

柔道の強さを買われて、北海道警察の刑事になった諸星要一(綾野剛)。敏腕だが悪い先輩刑事・村井(ピエール瀧)の助言に従い、S(スパイ)を率いて「正義の味方、悪を絶つ」の信念のもと危険な捜査を続けていった諸星だったが・・・ これが実在の不祥事を…

【映画】ピンクとグレー

幼馴染である白木蓮吾(中島裕翔)と河田大貴(菅田将暉)、そしてサリー(夏帆)の三人組。スカウトをキッカケにエキストラや読者モデルの仕事を始める蓮吾と大貴の二人であったが、やがて蓮吾だけがスターになり、三人の関係にも溝が生まれていく・・・ な…

【映画】俺はまだ本気出してないだけ

子持ちで離婚歴がある42歳の主人公・大黒シズオ(堤真一)が会社を辞めてバイトで生計を立てながら漫画家を目指すという、どうしようもないオッサンの話。だが、「本気出してないだけ」で自分のやりたいことをやりながら夢を追うシズオはどこか憎めない。 こ…

【映画】L.A.コンフィデンシャル【L.A.Confidential】

大物マフィア、ミッキー・コーエンの逮捕によってL.A.の暗黒街では後釜を狙うものたちによる血みどろの抗争が繰り広げられる。そんな折に刑事に抜擢され正義感に燃えるエドだったが、伝説的な刑事であった父親や彼のキャラが災いして同僚たちから反感を買っ…

【映画】エリン・ブロコビッチ【Erin Brockovich】

3人の子供を抱えるシングル・マザーのエリンは子供を抱えていては職探しもままならず、信号無視の車に衝突される交通事故に遭う。こちらに過失のない事故だから絶対に勝てると弁護士のエドワードはエリンの弁護を請け負うが、陪審員の目には加害者が医師であ…

【映画】転校生

明るくクラスの人気者である斉藤一夫のクラスに転校生がやってくる。その転校生は幼いころ近所に住んでいた、幼馴染の斉藤一美だった。ふとしたアクシデントによって、そんな二人の身体と心は入れ替わってしまう。 「君の名は。」みたいなストーリー、本作が…

【映画】キック・アス/ジャスティス・フォーエバー【Kick-Ass 2】

続編が出てたことすら知らなかったから感動!前作に引けを取らず、相変わらずグロくてはちゃめちゃで笑わせてもらった。 結構重要な登場人物なのにどんだけあっさり殺しちゃうんだよ。笑 マザーファッカーはサメに食われて死んだと思ったら生き残ってるし、…

【映画】キック・アス【Kick-Ass】

キック・アスといえば、友達のMから「これ良いよ」と紹介されたものの中で本当に良かった数少ないもののうちの1つ。このエピソードのおかげもあってかだいぶ記憶に残ってる作品のうちの1つ。 未視聴の人がジャケットや予告をみれば、くだらなくて下品で安っ…

【映画】永遠の0

百田尚樹の小説が原作。佐伯健太郎(三浦春馬)は、太平洋戦争時に特攻隊員として出撃した零戦パイロットだったという祖父・宮部久蔵(岡田准一)のことが気に掛かり、かつての戦友たちを訪ねる。天才的な操縦技術を持ちながら「海軍一の臆病者」と呼ばれ、…

【映画】ヒミズ

うん、普通に良い映画だったと思う。染谷将太と二階堂ふみ頑張ってた。なかなか良い演技だった。二人とも泥にまみれながらぶさいくでがむしゃらだった・・・ 二階堂ふみは典型的なアジア系のスタイルの悪さ・・・笑 そこがもちろん好感持てるところだし、そ…

【映画】パプリカ

前記事に引き続き今敏監督作品、パプリカ。 作品に対する肯定的な部分は前記事でのパーフェクトブルーと同じ感じ。監督の才能を感じることができる。あと、本作に関しては音楽が印象的で良い。実は映画を観たのは1年以上前で一度きりだが未だに脳内再生でき…

【映画】パーフェクトブルー【Perfect Blue】

日本アニメ映画界のレジェンドと言っても過言ではないであろう今は亡き天才・今敏監督作品。 海外の映画にも影響を与えているというのだから感服する。 ※ネタバレ注意 約20年も前の作品だというのに、約80分という上映時間の中で、ここまで緻密に抜け目なく…

【映画】告白

なるほど、復讐ってこうやってするのか。 なーんてね。 告白 【DVD特別価格版】 [DVD] 出版社/メーカー: 東宝 発売日: 2011/01/28 メディア: DVD 購入: 3人 クリック: 251回 この商品を含むブログ (279件) を見る 冒頭、担任の森口(松たか子)が無機質に…

【映画】恋の渦

あらすじ 友人オサムに女の子を紹介するために、ある若い同棲カップルのコウジとトモコはホームパーティを企画する。一同は紹介されたユウコのルックスにがっかりし、険悪な雰囲気になる。全てが空回りし、微妙な空気のままコンパは終わったはずだったが、そ…

【映画】リリーのすべて【The Danish Girl】

世界で初めて性別適合手術を受けた実在の人物・リリー・エルベを題材とした原作を基に脚色を加えて公開された本作。題材的にもそうだし、舞台が苦手な昔のヨーロッパということで俺はあまり好きになれないだろうなあと思ったけど普通に良かった。 あの時代に…

【映画】少年は残酷な弓を射る【We Need to Talk About Kevin】

あらすじ 自由を重んじ、それを満喫しながら生きてきた作家のエヴァ(ティルダ・スウィントン)は、妊娠を機にそのキャリアを投げ打たざるを得なくなる。それゆえに生まれてきた息子ケヴィン(エズラ・ミラー)との間にはどこか溝のようなものができてしまい…

【映画】舟を編む

辞書作りの現場とそれに携わる人たちの人間模様が題材。本作のテーマを端的に表現したタイトル、すげえお洒落。 多くの人が知らない辞書作りの世界を品良くユーモラスに描いている様には高評価。知らなかった辞書作りの世界というのは興味深く、勉強にもなっ…