徒然と書くさ

米国在住の若輩者による備忘録、雑記です。   ※映画の備忘録記事はネタバレに注意

【映画】ソナチネ

 

北野武の『あの夏、いちばん静かな海』に続く四本目の監督作品。沖縄を舞台に、二つの組の間で繰り広げられている抗争の助っ人として送られたヤクザ幹部の男の結末を描く。組長からの命令により、沖縄にある中松組の抗争の助っ人として舎弟たちと共に沖縄へと出向いた村川。しかし、抗争は収まるどころかますます悪化。事務所を爆破された村川たちは、海岸沿いの空き家へと身を隠すことになる。   allcinema ONLINE

 

 

サントラがいいな〜と思ってたら音楽監督が久石譲で納得。

 

最近の映画によくある登場人物がいろいろ口に出して説明しちゃう感じのやつに慣れてたからか、この作品は展開が早めで無駄な会話が少ないなって感じた。ちゃんと観てないと話から置いてかれる。笑

でもそこが王道の映画って感じで好き。舞台の沖縄のゆるさともマッチしていたと思う。

 

わんぱくな少年や渋い男をヤクザを通してこれでもかと魅せてもらえた気がする。そして、そこに絡んでくる幸役の国舞亜矢が綺麗なこと。

 

たけし、センスすげえ。

 

ただタイトルのソナチネの意図がよくわかってない俺・・・

 

ソナチネ [DVD]

ソナチネ [DVD]