徒然と書くさ

米国在住の若輩者による備忘録、雑記です。   ※映画の備忘録記事はネタバレに注意

【映画】バトル・ロワイアル【特別篇】

 

有名だから名前は知っていたし、一部の戦闘シーンもYouTubeかなんかで目にしたことがあった。

そうして出来上がった本作に対する観る前の俺のイメージは評価が分かれる作品なんだろうなというもの。

当たり前のことなんだが、要は「まあ普通だった」という感想を持つ人があんまりいない系の作品じゃないかということ。「よかった」と絶賛するか、「何が面白いのかわからない」と批判する人で分かれるんだろうなと。

 

俺はどっちだったかというと、

 

よかった!派

 

ただグロいだけじゃん、メッセージ性とかあった?と言われると、正直そこまで強いメッセージ性的なものは意外なことに感じなかった気がする。だから何がよかったのかと聞かれると困るんだけど、観終わった時の満足感が本作にはあった。

 

設定が非現実的で生徒たちの演技がおおげさで下手っぴだったからこそある種のエンターテイメント映画として面白いものになっている気がする。

 

個人的に一番インパクトがあったのは疑心暗鬼になった仲良し女子グループが身内で殺し合うシーン。

あと、ラストまで川田が裏切るかどうかが読めなかったのもよかった。

 

教師役のたけしがいい味だしてて笑う。

中川典子役の前田亜季が可愛い。

桐山和雄役の安藤政信がイケメン。

川田章吾役の山本太郎は議員じゃなくて俳優続ければいいのに。

今思うと生徒役の出演者たち豪華すぎ。

この作品でタランティーノに見出された栗山千明

 

 

もし俺がこの状況に放り込まれたら、自分の手でクラスメイトを殺すことはなるべく避けたいから序盤は静かに一人でどこかに潜んでるんだろうなとか考えながら観てた。最初に支給される武器にもよるけど。

 

 

バトル・ロワイアル 特別篇 [DVD]

バトル・ロワイアル 特別篇 [DVD]