徒然と書くさ

米国在住の若輩者による備忘録、雑記です。   ※映画の備忘録記事はネタバレに注意

【映画】ワイルド・スピード【The Fast and The Furious】

 

今となってはもはやクラシックで伝説と言えるかもしれない。なんせワイスピシリーズの初作だから。

 

これで観るの3回目くらいだと思うけど、それでも普通におもしろかった。

 

まずいサンドイッチ通いから始まり、チャイニーズといざこざがあってジェシーが殺されちゃったり・・・なんと言ってもまだ彼らが完全な仲間じゃないってのが今となっては新鮮。

 

このシリーズの何がいいって日本車がいっぱい出てくるところな。単純に日本車を使うってところがよくわかってんじゃん (何様) って思うし、日本人として誇りに思えるから。フェラーリとかメルセデスの高級車が好きな気持ちもわかるけど、ああいうのはどちらかといえばステータス的なかっこよさとか憧れであって、俺としてはこういう汗臭いというかオイル臭い車、性能や品質が高い車に魅力を感じる。あー本当にこの人は車が好きんだと・・・

 

たしかにドムとかただの犯罪者だし、全体的にDQN臭がすごい。それでもかっけえって思ってしまうのは男のロマンというか性だと思う。

 

あとはやっぱりドムとブライアンとミア、出演者がバッチリはまって噛み合ってる。

ブライアン役・ポール・ウォーカーの格好良さと、ミア役・ジョーダナ・ブリュースターのセクシーさ。当時、彼女をみて初めてラテン系のセクシーさ、美しさに気付けた気がする。

 

たしかに、ストーリーは潜入捜査アクションということでありきたりと言えばありきたりだし、車にあまり興味がない人にとってはあまり面白さがわからないかもしれない。しかし、子どもの頃初めて本作をみたときの興奮を思い出すと、映画としての客観的な評価を度外視すれば個人的には素直な評価・星5をつけざるを得ない。初作ということへのリスペクト贔屓も込めてな。

 

寡黙なドムとブライアンの男のやり取りが良い。