徒然と書くさ

米国在住の若輩者による備忘録、雑記です。   ※映画の備忘録記事はネタバレに注意

【映画】ワイルド・スピード SKY MISSION【Furious 7】


この作品はいろんな意味で話題になってたねえ。

最新作だったし、ポール・ウォーカーが交通事故で公開前に亡くなっちゃったし、主題歌ヒットしたしで。

クサイこと言うけど、日本車を愛してくれたポール・ウィーカー、R.I.P.

(ポール・ウォーカーが日本に来てGT-Rを堪能している様子が収められた動画)


Paul Walker Visits Famous Nissan Skyline GT-R Tuner Mine's in Japan

 

 

さて本題。

レティを取り戻したものの記憶が戻らないからそれにちょっと悩んでるドム。


慣れないファミリーカーで平穏な生活を送ってるブライアン、2人目の妊娠が今以上にブライアンのストレスにならないか悩んでいるミア。

ただやっぱり、この男たちに平穏な暮らしは似合わない。

結局前作の敵だったショウはまだ生きていてその兄貴が復讐的なものを仕掛けてくる。

ショウは苗字だから、この記事ではショウを前作の敵、兄貴を兄貴と呼ばせていただく。

 


今回の鍵はラムジーっていうハッカーが開発したゴッド・アイっていう監視プログラム。

特殊部隊はこのプログラムをラムジーとともに敵から奪還する作戦を立てている。

この特殊部隊のボスがコロナしか飲まないって言うドムに対して、ドイツだかどこだか忘れたけど◯◯産のビールも飲んでみろってしつこいのなんの。笑

なんかこのやり取りが印象的だった。

で、この奪還計画がクレイジーで、空から車ごと落下して奇襲を仕掛けるってもの。

ラムジーが顔に被せられた布を取られて女性ってわかった時はドムたち同様俺もびっくりしたわ。

しかもこのラムジーがすげえセクシーでかわいいのな。

ちなみにラムジー役の女優はナタリー・エマニュエル。


アブダビでの車ごと高層ビルを2回、窓から窓へ飛び移るシーンとか笑った。

最後はLAに戻ってゴッド・アイを巡って激しくやり合うわけだ。

なんとか死守してめでたしめでたし。

レティも完全に記憶を取り戻したしね。

そしてこの作品でハンが事故死してんじゃなくて、ドムたちへのメッセージとして殺されたことがわかる。

ポール・ウォーカーは撮影が終わる前に亡くなったから、ブライアンはどうなるのかと思ってたけど最後までずっと登場しててちょっとびっくり。代役で実の弟たちが演じたらしいんだが、最後のドムとブライアンが車で道を2つに分かれていくシーンの時くらいしかわかんなかったわ。

ちなみにあのシーンでブライアンが乗ってるスープラポール・ウォーカーの実際の愛車らしいね。

終盤のアクションシーンでブライアンの走り方がなんかださくてあれ?って思ったけど、今までどんな走り方してたか覚えてないからなんとも言えない。とにかく、今のCG技術すごいな。 

 


そしてちょくちょく思ってたし世間からも言われてるのが、どんどん車関係なくなってきてるってこと。たしかにカーアクション映画ってよりはもはやアクション映画。

車好きで車が登場するからこそ観てたって人からしたらこの傾向は不満だろうな・・・

俺も車は好きだけど、車が全く登場していないわけではないし、かっこよければ、面白ければなんでもいいからその点で本作に不満はない。でも実際、規模やアクションが無駄に派手になってきてるよね。ハリウッドの悪いところが出てきた。