読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然と書くさ

米国在住の若輩者による備忘録、雑記です。   ※映画の備忘録記事はネタバレに注意

【映画】バケモノの子【The Boy and The Beast】

■ 評価 ★★★★☆ 【 映画 】 ■ 邦画 ■ 2010年代 ・アニメーション ・SF / ファンタジー


細田守ワールド全開だね。細田守の作品好きだからこの作品も結構好き。

映像が綺麗だし、ストーリーもいいよね。

バケモノ界で九太は生きていくもんだと思ってたから、人間界との狭間で葛藤する展開は意外だったわ。

そしてラストも、戦闘で九太の成長ぶりが発揮されるのかと思いきや、猪王山(いおうぜん)の息子の一朗彦が実は人間でその一朗彦に芽生えてしまった闇を同じ人間である立場から九太が救うという。 

まあ一朗彦と戦って救ったといえばそうなんだけど、熊徹と猪王山みたいな普通のバトルになると思っていた。 

ファンタジーものだから当たり前なんだけど、一つ好きになれなかったとすれば一朗彦が闇に飲まれていく描写。

一朗彦がなんでクジラの姿をしていたのかとかよくわからんかったし一気にSF、ファンタジーっぽくなってまじかって感じだった。

 

バケモノの子(スタンダード・エディション) [DVD]

バケモノの子(スタンダード・エディション) [DVD]