徒然と書くさ

若輩者による映画備忘録、雑記 ※映画の備忘録記事はネタバレに注意

【映画】ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金【Pain & Gain】

 

この映画は・・・色んな意味ですごい。

人によって好き嫌いは別れるだろうし、多分苦手な人の方が多いだろう。でも、自分のツボにハマればとても面白い映画になると思う。

 

筋トレだけが生き甲斐のジムトレーナー3人がアメリカン・ドリームを手に入れるたびに犯罪に手を染めていくのだが、何と言ってもこれが実話だっていうから驚く。この一文だけではそんなに驚くほどの話じゃなくない?って感じだけど、これは映画を観てもらえればわかると思う。本編でも言ってたけど、本当に事実は小説よりも奇なりだなと。

 

凶悪犯罪をコミカルに描いているし、なんならアメリカン・ドリームを掴みたかった男たちを美化、正当化しているようにも感じられる。それが本作を受け付けられない視聴者をたくさん生んでしまっている理由の一つだと思う。

しかし、俺はこのタッチがあってこそ、終始ブラックジョークを貫いているからこそ、本作が他のものとは違うものになっていると思う。凶悪犯罪や実話を普通のアクションやお涙頂戴映画にするだけならみんなやってる。

このブラックジョークもアメリカの問題を端的に表していて笑えた。

エンディングでちゃんと説明もあるし、実名と写真まで公開してることを考えると決して犯罪を美化しているわけではない。普通の生活に嫌気がさしてアメリカン・ドリームを手に入れようと行動した男達という意味ではある意味切ない。

 

普段はド派手なアクション映画を作っているマイケル・ベイが監督で、この映画の構想から10年かかってやっと実現したものらしい (この情報間違ってたらごめん) 。ド派手な映画以外でも彼のセンスや才能をみせつけられた。というかむしろ彼が作りたい映画は本来こういう映画なのかもしれない。

 

邦題がちょっと安っぽくて残念。

 

 

ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金 [DVD]

ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金 [DVD]