読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然と書くさ

米国在住の若輩者による備忘録、雑記です。   ※映画の備忘録記事はネタバレに注意

【映画】マルサの女

 

国税局査察部 (マルサ) と脱税者との戦いをコミカルに、シニカルに描いた本作。

伊丹十三山崎努宮本信子のお決まりコンビ。

 

とても良かった。

テーマもなかなか面白い。監督の伊丹十三がお葬式の大ヒットでガッポリ稼いだ際に税金をたっぷり持ってかれてこの世界に興味を持ったとか。

 

会話のやり取りが知的であってコミカルであってシニカルであって。

陳腐過ぎず、かっこつけ過ぎずっていう一番難しいバランスでやり切っていると思う。

逆に言えば星5にするほどガツンとくるものはなかったけど。(限りなく星5に近い)

 

好きなシーンは、性行為後の女が股にティッシュ付いてる状態で歩くシーン。あれはセンス出てると思うね監督の。

そしてサントラが素晴らしい。聞いたことある!ってなった。この映画の曲って知らなかったわ。

 

やはり名作と呼ばれる映画には理由がありますな。

 

権藤の一人息子・太郎の商才に笑った。

 

 

マルサの女 [DVD]

マルサの女 [DVD]