徒然と書くさ

米国在住の若輩者による備忘録、雑記です。   ※映画の備忘録記事はネタバレに注意

【映画】名探偵ゴッド・アイ【盲探】

 

目の見えない探偵ジョンストン(アンディ・ラウ)はその類いまれな想像力のおかげで、名探偵ジョンストンと呼ばれていた。以前同僚だった刑事シト(グォ・タォ)の部下で、ジョンストンに憧れを抱く女刑事ホー(サミー・チェン)をアシスタントに、ジョンストンは少女の失踪事件の捜査を開始する。ジョンストンの想像を超えた捜査にホーが振り回される中、事件は大きく発展し……。 引用:シネマトゥデイ

 

真面目なハードボイルド映画だと思って観たけど普通にラブコメだった。

 

感想としてはうーん・・・そんなに面白くなかった。普通。

香港映画を観るたびに思うんだけど、ちょくちょく英語で話すのが滑稽でしかない。香港は国際都市だし、イギリスの植民地だった背景があるのはわかるんだけど、"Yes, Sir" "Sorry" "Thank you" "I love you"とか本当にあの頻度で日常的に使うの?

台湾人の友達とある香港映画を観た時、その友達も英語を本編で使う滑稽さに文句言ってたからそんなことはないと思うんだけど。サンキューくらいなら日本人でもよく使われてるからわかるんだけど、警察が上司に対してYes, Sirはないわと思ったね。ネタだとしても寒い。

あと、翻訳で「はい」の時に「はい」って発音してるのも気になった。日本語のはいって中国語からきてるのか? 多分意訳のせいだよね。

 

ロマンス、コメディー、アクション、サスペンスと色んな要素が詰め込まれているわけだけど、個人的には「詰め込み過ぎ」かなあ。それが功を奏してれば詰め込んでいることにもちろん文句はない。中国語だから字幕がないと理解できないということで、いつも以上に集中しなくちゃいけなかったのもあるかもしれないが、観ているのが忙しくて疲れた。

 

コメディーの点に関して言えば、中国の人には大変失礼な話なんだけど、中国ならこういうことが現実にあってもおかしくなさそうみたいな先入観があって楽しめなかった。

要は、笑いのツボが俺には合わなかった。

 

相棒のホーはいいキャラしてたし、彼女を演じていたサミー・チェンは良かった。

 

名探偵ゴッド・アイ [DVD]

名探偵ゴッド・アイ [DVD]