読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然と書くさ

米国在住の若輩者による備忘録、雑記です。   ※映画の備忘録記事はネタバレに注意

【映画】イングロリアス・バスターズ【Inglourious Basterds】

■ 評価 ★★★★☆ 【 映画 】 ■ 洋画 ■ 2000年代 ・戦争 / 歴史 ・アクション ・ドラマ


タランティーノ感が満載の映画。

言うてもタランティーノの作品そんなに観たことないけど。笑

感想、ちょっと長くて飽きがくるっちゃくるけど普通に面白かったかな。

第二次世界大戦中のドイツ軍占領下のパリでの話で、英語よりもドイツ語やフランス語の会話の方が多かった気がする。ドイツ軍、フランス市民、アメリカ軍などなど、それぞれの立場や文化、言葉が混ざってたところが見所で良かったと思う。

 

そしてブラピのアクセントが良かった。笑
何アクセントなのかはよくわからんけど本来のブラピの喋り方とは明らかに違う。

あと、ハンス大佐を演じたクリストフ・ヴァルツの演技が秀逸。


殺したドイツ兵の頭皮剥いだり、映画館爆発させる前に映したミミュー(メラニー・ローレン)の冷笑とか怖すぎな。笑

ただ、本作はどちらかと言えば胸糞的な映画だから、あえて言うならばもっとグロくて酷くてもよかったかな個人的には。バスターズはあのくらいでいいから、特にミミューとかドイツ人スパイの彼女。みんながみんな冷酷でもそれはそれでメリハリがなくなっちゃうのもわかるけど。

あともっと皮肉的な要素とか笑いの要素?

タランティーノに映画論でケチつけてるわけじゃないよ。笑 個人的な嗜好の問題ね。

評価するのはナチスだけ悪者に描かれてないところ。

欧米が舞台だし、ブラックジョーク満載って感じだから、何がしたいのかよくわからないって日本では一般的に受けが悪そう。