読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然と書くさ

米国在住の若輩者による備忘録、雑記です。   ※映画の備忘録記事はネタバレに注意

【映画】永遠の0

 

百田尚樹の小説が原作。佐伯健太郎(三浦春馬)は、太平洋戦争時に特攻隊員として出撃した零戦パイロットだったという祖父・宮部久蔵(岡田准一)のことが気に掛かり、かつての戦友たちを訪ねる。天才的な操縦技術を持ちながら「海軍一の臆病者」と呼ばれ、生還することにこだわった祖父の真実を知る。

 

上映当時、母親に誘われ、今は亡き祖父も合わせて異色な面子で映画館で鑑賞した。

期待が高すぎたんだと思う。そこまで良い作品だとは思えなかった。

 

まず、戦争の悲惨さという点。戦争を題材にしているものであれば基本的に悲しかったり感動するもの。この点について本作から特別なものを感じなかった。

 

次に賛否が分かれる戦争美化という点。個人的には本作が戦争美化をしているとは全く思わないが、人によっては神風特別特攻隊という言葉を聞くだけで嫌悪する人もいるし、特攻隊を題材にすること自体があかんという人もいるらしいのでその点について深く言及するつもりはない。際限がなくなってしまう。

あの時代に特攻はしたくない、するべきではないとせっかく強い信念を持っていたのに、最終的には特攻するんかいという意見も少なからず見受けられる。単純に、映画のストーリーとして信念を貫ぬくオチの方が良かったという意味で言ってる人がほとんどだと思うけど。

個人的にこの心境の変化は、宮部ほどの信念を持っている男でも戦時中に特攻というものを目の当たりにするとこうなってしまうという戦争の悲惨さを表しているように感じた。教え子が死んでいったのに自分だけ生きているのに耐えられずにだとか、家族を守るため日本を守るためだとか、人によって宮部がなぜ特攻することを選んだのかの解釈は様々だと思う。彼が特攻を選んだ目的や意味というより、そうせざるを得ないような戦争による悲惨な状況や環境、そして反対していた彼が最終的に特攻を選んだという事実が本作のポイントなのではないだろうかと俺は解釈している。そう考えると、美化どころか反戦争のメッセージを感じるのだが・・・

少なくとも、本作での「特攻」や「特攻隊員」はその悲惨さを伝えるための「ツール」であって、美化されているわけではないと感じた。

 

孫が祖父の真実を探るという現代と過去の交互の回想的な構成が余計だった。平和と戦争の対比なのかもしれないが、現代のシーンになるとなんだか一気に安っぽくなった気がする。三浦春馬の演技のせいってことにしておこう。笑

このせいもあってか、全体的に感動を押し売られているような気分になってしまったんだよね。

 

鑑賞後、隣で母親がボロボロに泣きながら良い映画だったねと言ってきたが、そうでもなかったと返したら、お前には心がないのかとでも言いたそうな反応をしていた。俺はあくまで映画としてそこまで良いものじゃなかったって言っただけなのに。

兄弟の一人を特攻隊員として亡くした祖父にも母親が感想を聞いたところ、俺の感想に同意した。リアルさが欠如していたのか映画が単純に面白くなかったのか・・・当時を生きた者として祖父がどういう意味で映画を気に入らなかったのかはわからないが、真っ直ぐにスクリーンを見つめたままの無表情の祖父の横顔が今でも脳裏に浮かぶ。