読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然と書くさ

米国在住の若輩者による備忘録、雑記です。   ※映画の備忘録記事はネタバレに注意

【映画】ラストサムライ【The Last Samurai】

 

言わずもがな、ラストサムライ

 

こういう映画は日本人にとって時代考証の正確さが気になるところ。本作ラストサムライはと言うと・・・及第点。(上から)

気になる人にとっては一つでも「ありえない」ことがあるとダメかもしれないが、ハリウッドには珍しい日本万歳、サムライかっこいい映画。それなりの意欲とリスペクトが伝わってきたから個人的には多少の問題は気にならない。

劇中、時代考証から外れた上に描写が誤った、漫画的な忍者軍団が登場する。これについては日本人スタッフが難色を示したものの、監督はじめアメリカ人スタッフの「間違っているのは解っているが、どうしてもニンジャを撮りたい」という要望でそのまま残っている。

 

トム・クルーズが演じる主人公ネイサン・オールグレンのモデルは、フランス人でありながら旧幕府軍に参加して戊辰戦争を戦ったジュール・ブリュネ。当時の西洋人が侍に魅せられて日本人と共に戦うというのは実際にあったことだ。ファンタジーとして観るか歴史映画として観るかだけでも捉え方がだいぶ変わるはず。難しいことは考えずに制作側の思惑通り、サムライかっこいい〜を楽しむ映画だと思えばなかなか良い映画だと思う。実際俺、サムライ精神かっこよすぎてウルウルきた。

しかし、もしあのままサムライたちが勝っていたらいずれ列強にコテンパンにされていただろう・・・西洋化しても原爆二発も落とされてるし。気高い精神だけでは守れないものもあるのか・・・とか考え始めたら何が正解なのか俺の頭では収拾がつかなくなった。笑

ハリウッドの大作としては珍しい日本贔屓の映画とは言ったものの、結局は西洋(白人)側が勝つわけだが、これこそ歴史通りだから文句はつけられない。

 

全体的に戦闘シーンがちょっと残念だった。なんていうか腰が入ってない?笑

最後の合戦シーンでは、JAC出身である真田広之の殺陣姿が大変に見事なものであったため、主役のトムよりも目立ってしまったとして、真田のシーンが大幅にカットされた。

  

小雪が綺麗だった。