読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然と書くさ

米国在住の若輩者による備忘録、雑記です。   ※映画の備忘録記事はネタバレに注意

「高身長 = 脚が長い」という誤解

【 独り言 / 意見 / 主張 】 ■ 日常

 

俺の身長は180cm代前半で、いわゆる高身長 (少なくとも日本では) に分類されるが故か、脚が長くてうらやましいと言われることがよくある。高身長あるあるの一つだと思う。

お世辞だとしても嬉しいんだが、同時にちょっともどかしい気持ちにもなる。

 

なぜならそれは誤解だから。

 

身長に比例しているだけ 

例えば、身長165cmの人と身長185cmの人の脚の長さを比べた場合、どちらの方が脚が長いか?

身長差が20cmもあれば言うまでまでもなく身長185cmの人の方が脚が長いだろう。

そう、この場合は単なる絶対的な脚の長さの話であって、相対的なものではない。

 

身長差があれば脚の長さも違うのは当たり前のこと。

 

胴と脚の比率で「脚の長さ」というものを考えてもらいたいし、一般的にも「脚が長い」というのはそういうことを指すと俺は思っている。

 

 

f:id:kfc22:20161211032909p:plain  引用元:tt.mop(中国語)

 

この写真をみてほしい。背丈は同じでも股下の長さが違う。

中央と向かって右側の女性が同一人物だというフォトショ疑惑があるこの画像だが、いずれにしても人によって脚の長さは大きく変わるという大まかなイメージはつかんでもらえたのではないか。

こういう場合に、背丈が同じ者同士である右のお姉さんが左の黒人お姉さんに対して脚が長くてうらやましいと言うのであればしっくりくる。

 

 

「高身長 = 脚長」イメージの原因

そもそも、俺が脚の長さで感動した経験なんて、いつの日か渋谷の道玄坂でみかけた身長160cmくらいの日本人のお姉さんとアメリカで白人と黒人に対して数回ほど。道端アンジェリカ (モデル) を間近でみかけたことがあるが、脚長い!ではなく、TVでみるより華奢で小さくてほっそ!と思っただけだった。  

 

何が言いたいかというと、一目でハッとさせられるような、本当の意味で脚が長くて、周囲からうらやましがられるような人なんてそうそういないんじゃないかってこと。

 

同じくらいの背丈の人の身長を比べるのだって目測だけでは判断しずらいのに、服を着ていて股下の正確な位置がわからない状態の脚と胴との比率を考慮し、目測だけで脚の長さを簡単に、正確に判断できるというのか?能力者すぎる。

 

 

f:id:kfc22:20161224005925p:plain

画像引用:ガールズちゃんねる

 

ちなみに上の写真も悪意のあるコラ画像との噂が・・・笑

何が嘘で何が本当なんだ・・・高身長だからと言って必ずしも脚が長いわけではないというのが本記事の趣旨なので、基本的にここでの情報は、参考程度にとどめて考えていただきたい。

 

ー話は戻って

上の画像女性5人の背丈はほぼ同じで比較がしやすいが、それでも服を着て並ばれたら誰の脚が長いかなんて一見しただけではよくわからないだろう。着用している服がシルエットがハッキリと出るジーンズとは限らない。微妙に高さの違うヒールを履いている可能性だってある。隣に比較対象がいない状況で、基本的には数センチ・数%単位の世界だというのに服の上から脚の長短がわかってしまう周りの能力の高さには毎回驚かさせられる。

 

 

例えば、北川景子の脚が長いというイメージは、美人で身長ちょい高めなスレンダー体型=脚が長いという先入観・固定概念が先行しているだけであって、美人だろうがスタイルが良かろうが、細身で顔が小さいから脚が長くみえるだけかもしれないわけだ。

北川景子の脚が実際長いか短いかはわからない

f:id:kfc22:20170201075201p:plain 画像引用:www.verygood.la

 

 

 

検証 

f:id:kfc22:20161211084432p:plain  f:id:kfc22:20161223215509p:plain  画像引用:Naverまとめ

 

スタイルがいい・脚が長いと言われているモデルの菜々緒だが、始球式でのこの写真はどうだろうか?俺は、細くて背が高いだけだと思った。

 

日本人女性の身長に対する平均の股下比率は約45%。

しかし彼女の公称は身長172cm・股下85cm・身長比49.4%、これは芸能人お決まりの詐称 (盛り) だろう。

 

なぜ俺は彼女が盛っていると思うのか? 

身長比約50%ということは、足元から股までの長さだけで体の約半分を占めなければならない。

画像を振り返ってもらえればわかるが、スニーカーを履いていることも考慮すると股下が体の半分を占めているとは到底思えない。「腰の位置」ではなく「股下」だ。 ※ここ重要

 

比率が49〜50%を越えると世界レベルのスーパーモデル級と言われている。

菜々緒が公称通り、本当に身長172cmで比率が49.4%だとしたら、世界で通用する (少なくとも背丈と脚の長さでは) スーパーモデル級のスタイルの持ち主ということになる。

もちろん、平均よりは脚長さんではあるだろうが、あれがヒールを脱いだスーパーモデル級の脚の長さなのだろうか、甚だ疑問だ。

 

結局、今まで説明してきたように、彼女も高身長で細身、そしてモデルという立場があるから脚が長いというイメージを獲得できただけであって、ヒールを脱ぎ、脚長効果ファッションをやめ、プロのカメラマンが「モデル用」の写真を撮らなければ現実の脚の長さなんて上の写真程度なわけだ。

 

 

本当に脚が長い人は、素足でも上の写真左 (志田友美) のようなヴィジュアルになるはずだ。

公称は身長160cm・股下77.5cm・身長比48.5%。彼女でも49%に届かない。

 

もう一度言おう、菜々緒は49.4%。世界的なスーパーモデル級が49〜50%以上。

菜々緒は、股下か身長、もしくはどちらも詐欺っていると思われる。 

 

まとめ  

脚が長いという褒め言葉は股下比率が少なくとも平均以上である人に対して贈るべきだということ。高身長だからと言って脚が長いとは限らない。背が高い人の方が相対的にも脚が長くなる傾向にあるのかどうかはわからないが、個人的にはモデルのイメージの影響が強いだけなんじゃないかと思っている。ちゃんと探せば(測れば)平均的な身長の人でもモデル級の比率を持つ脚長さんは結構いるだろう。

本当の意味で脚が長い場合でない限り、「脚が長くてうらやましい」ではなく、「スタイルが良くてうらやましい」「身長が高くてうらやましい」だとか「脚が長く見えてうらやましい」と伝える方が個人的にはスッキリとするし、筋の通った言い方だと思う。

 

そして、股下比率というのは外見をパッと見ただけでそう簡単にわかるようなものではないということ。仮に平均より脚が長いとしても、平均よりちょっと身長が高い人に対していちいち褒め言葉を送らないことを考えると、平均よりちょっと脚が長いくらいの人に褒め言葉を送ることだってなんだか不自然で滑稽なやり取りに感じる。菜々緒のような人にあったら反射的に脚が長いと思う人、褒める人は要注意だ。

 

以上の理由から、「脚が長くてうらやましい」と言われるとなんだか恐縮してしまう。鼻が高いという自覚がない人に対して鼻高くてうらやまし〜と言ったらその人にとってはただの嫌味に聞こえてしまうような心理だと思ってもらえれば分かりやすいかと思う。

 

ここまで書いてふと思ったが、実は俺、実際に股下を測ったことがない。メジャーがないから実家に帰った時にでも測ってみようと思う。長くはないと思っているが、もし俺が数値的に脚長だったら過去に脚が長くてうらやましいと言ってくれた能力者たちには頭が上がらない・・・

参考までに股下の測り方 ↓

股下の測り方と脚を長く見せる方法 | 美脚ダイエットNavi

 

とは言えこの世の中、こんな細かい理屈を気にしている俺のような人間ばかりではない。脚の長さと言っても腰から測るパターンもあるし、視覚的に脚が長く見えるというのも実際かなり大事。視覚的でもいいから脚が長くてうらやましいと素直に感じる人に出会った際は、難しいことは考えずにそれを伝えてあげたほうがいいと思う。ほとんどの人はそう言われて悪い気はしないはずだから。

 

ただ、せっかくここまで読んでくれた方には、是非この機会に本当の意味での脚の長さという意識を心の片隅に持ってもらえれば、長々と俺の思いを文章にした甲斐があるというもの。