徒然と書くさ

米国在住の若輩者による備忘録、雑記です。   ※映画の備忘録記事はネタバレに注意

【映画】ニュー・ジャック・シティ【New Jack City】

 

Uberに乗ったらドライバーの黒人のオッチャンが今車に流れているBGMは誰の曲かわかるかと聞いてきた。わからないと答えたらそりゃあそうか古い曲だもんなあとオッチャン。そんな話の流れからこの映画は絶対観るべきだと言われて早速鑑賞。

 

オ-クランドの黒人麻薬王、フィリックス・ミッチェルの実話をもとにしたギャング映画。黒人麻薬王、ニーノ・ブラウン(ウェズリー・スナイプス)は麻薬で富と栄誉をものにし街を支配下においていた。そんな彼の麻薬帝国の壊滅に執念を燃やす、黒人刑事・スコッティ(アイス・T)と白人刑事・ニック。潜入捜査をしていた手下がニーノに殺された事を知ったスコッティは、今度は自分が潜入する決意をする。

 

当時アメリカで社会現象を起こしたらしい。

でもごめんオッチャン!俺にはあまり良さがわからなかったよ・・・

HipHop(特にOld School)は好きだけど、造詣が深いわけではないんだ・・・だから当時の人やHipHopが大好きな人たちと同じ目線で観ることができなかった。つまり、麻薬を巡って対立する黒人ギャングと警察のよくある映画にしか俺には映らない。ということで、昔の映画ということもあってかストーリー的にはそこまで面白いとは思えなかった。

 

エンディングは誰もがスッキリする終わり方で良き。というか実話通りなのか?

 

ニュー・ジャック・シティ [DVD]

ニュー・ジャック・シティ [DVD]