徒然と書くさ

米国在住の若輩者による備忘録、雑記です。   ※映画の備忘録記事はネタバレに注意

【映画】HERO

 

あらすじ

パーティーコンパニオンの女性が、ネウストリア公国(架空の国)大使館付近の路上で交通事故に遭い死亡する事故が発生。捜査にあたる久利生公平検事(木村拓哉)と事務官の麻木千佳(北川景子)は、大使館と事故は関係があるのではないかと考える。事故当時の状況を大使館員から聞こうとするが、大使館には日本の司法が及ばない治外法権があることから捜査は一向に進まない。諦めずに大使館に詰め寄る久利生だが、それが日本とネウストリア公国の外交にも影響を与え、外務省からの圧力も受けるようになり……。    引用:シネマトゥデイ(一部編集)

 

感想

ドラマのHEROが好きな人

ドラマもいいけど映画版もスケールが大きくなって相変わらず面白い!

 

ドラマのHEROに興味がない映画通

なんだこの幼稚で陳腐な映画は!

 

こんな感じに感想が分かれるんじゃないかな。

 

良くも悪くもドラマHEROの延長というのが俺の感想。

ドラマシリーズは結構好きだが、相変わらずの久利生と雨宮(松たか子)の色恋沙汰はさすがにぐだぐだに感じる。キムタクが老けてオッサンになったのも、いい歳してなんなんだこの恋愛はと感じてしまう要因の一つかもしれない。ていうかキムタク、唇と歯茎、紫すぎない?タバコ吸いすぎ・・・笑

 

そして、映画版ということで外国にまでスケールが及び治外法権やらが絡んでくるわけだが、上述したようにHEROファンにとってはいつもよりスケールが大きくて良きな映画。別にファンではない人にとっては、法律という本来ならそこそこおかたい題材ということもあり、現実よりもコメディ要素やテンポの軽快さ重視の内容が仇となって稚拙な映画に感じてしまうと思う。

 

 

HERO 2015 [レンタル落ち]