徒然と書くさ

若輩者による映画備忘録、雑記 ※映画の備忘録記事はネタバレに注意

【映画】僕だけがいない街

 

タイムスリープ能力を持つ主人公・藤沼悟(藤原竜也)が、過去に行って身の回りで起きる悲劇や児童連続殺人事件を回避させ、真犯人を突き詰めようと奮闘するミステリー・サスペンス漫画が原作の作品。

 

感想(ネタバレ注意)

こういう話は好きなんだけど、タイムスリープ能力(劇中での呼称は再上映:リバイバル)に都合よく頼りすぎな感じがして、ヒロインである有村架純との釈然としない関係性とか特に安っぽく感じてしまった。殺人鬼や虐待の親から救い出した幼馴染の女の子が未来ではお嫁さんになってますみたいな普通の展開の方がまだよかったかも。

バタフライ・エフェクトを始めこの系統の優れた作品で既に溢れているから無意識のうちに比較しちゃうよね・・・

 

本作のモヤモヤポイントは主に二つ。

まず、自宅で殺された母親の第一発見者だからといって、悟が指名手配までされて逃亡する展開に違和感。

もう一つは、記憶も知能も大人のまま小学生時代に戻った主人公が、殺人鬼である犯人にわざわざ密室の車内で自首を促す展開に違和感。実際いとも簡単に橋の上から落とされてしまうわけだ。子供と大人の力の差を考えろと言いたい。しかも、大人に戻った悟でさえも、ラストで刺されて負けてるし笑

 

悟の担任であり真犯人だった及川光博は適役だったと思うが、及川光博という俳優自体が周りとはちょっと違う異質な空気を持っているためか、すぐに彼が真犯人だろうなと察してしまった笑

 

子役の子達の演技はよかったんだけどなあ。