徒然と書くさ

若輩者による映画備忘録と雑記 ※映画の備忘録記事はネタバレに注意

【映画】沈黙の制裁【Absolution】

付き合いがあるCIAの男から、ウクライナの闇組織に所属するアフガニスタン人の男の暗殺を依頼され、ジョン・アレクサンダー(スティーブン・セガール)は兄弟分で相棒でもあるチーと共に任務を遂行する。しかし、その闇組織から逃げ出したナディアという女性を助けたことで事態は思わぬ展開へ・・・

 

感想(ネタバレ注意)

出ました、沈黙シリーズ

「事態は思わぬ展開へ・・・」なんてそれっぽい感じで締めたものの、沈黙シリーズを知っている人からすればお決まりのパターン。ビジネスという名の暗殺中に偶然出会った(助けた)女性が、悪の組織となんらかの関係があり、悪の組織を皆殺しに。その後はセガールがそのヒロインと暮らす。今回は依頼人(以前からの仕事仲間?)であるCIAの男の裏切りももれなくついてくる。

沈黙シリーズといっても、全く別々の作品を日本の配給会社が沈黙とつけておけばある程度売れるということで邦題を決めているだけみたいだから、作品に類似性や一貫性みたいなものがここまでなくてもいいはずなのだが・・・主演がセガールというだけでここまで芯を通すのだからこの「シリーズ」を愛さずにはいられない。お決まりのパターンもセガールの「安定感」と捉えればこの作品も悪くない笑

 

細かい感想を言うと、ヒロインであるナディアが車から絶対出るなと言われているにも関わらず、ドンパチ真っ最中に足元に落ちている銃も持たずに丸腰でセガールに会いに行くシーンに始まり、東欧人の組織が全員英語で会話をしていたり、なぜそこで撃たない!?と思わせるようなイライラシーンはお決まりで何回か見受けられるものの、これもセガール作品ということで他作品よりもノンストレス。

個人的なことを言えばナディア役の女優が結構綺麗でタイプだったのも贔屓したくなる理由の一つ。

 

 

沈黙の制裁 [DVD]

沈黙の制裁 [DVD]