徒然と書くさ

若輩者による映画備忘録、雑記 ※映画の備忘録記事はネタバレに注意

【レビュー】格安!オメナホテル(Omena Hotel)【フィンランド旅行】

モイ!

 

ヘルシンキタンペレのオメナホテルに計10日近くも泊まったオメナホテルマスターの俺。

役立つかはわからないが人助けのつもりでレビューを書いてみるぜ!

  

まだ読んでない人は下の記事を先に読んでもらえると内容が頭に入りやすかもしれない。

 

kfc22.hatenablog.jp

 

【目次】

 

 

総評

 

早速結論から言うと、選んで良かった。

 

いくら男の一人旅で宿泊費を安く抑えたいとは言え、衛生面やセキュリティー面に問題があるようなところは避けたかった。アメリカのとある安宿で、全身が痒くて就寝中にも関わらず目が覚めそのまま寝られなくなった苦い経験があるので。

 

世界中にチェーン展開しており何度か利用したこともあるHoliday Innも考えたが、フィンランドは物価が高くて俺にはつらい!お金持ちには無縁であろう旅の醍醐味の一つ、「Googleとの格闘」を続け、そうして選択肢に残ったのオメナホテルに賭けてみた次第だ。

 

良い点

  • 言うまでもなく、宿泊料金の安さ。
  • 宿泊料金に見合う「コスパ」の良さ。
  • 交通の便の良さ。基本的には街中の駅近にある。
  • フロントがない為、語学力やコミュ力の低さに対する心配がなく、気楽にチェックインやチェックアウト、また出入りができる。

 

悪い点

  • なんの匂いかはわからなかったが、部屋の匂いがちょっと気になった。慣れれば全く気にならなくなるが、ヘルシンキでもタンペレでも同じ匂いがしたのでこのホテル特有の匂いだと思われる。

 

知っておいたほうが良い点

  • 良い点でも挙げたようにフロントがない。その為、ルームサービスの類はない。早めのチェエクイン、チェエクイン前に荷物を預けたりすることはもちろん出来ない。万が一何かトラブルが起きて困った際は、まず電話をかけなければならない。
  • フロントがないので鍵もない。ホテルの玄関と部屋に入る際にはチェックインの24時間前だかにメールで送られてくる数字のコードを入力する必要がある。入力自体はそこまで面倒ではないが、入力する際は周りに人がいないか要確認。
  • 俺の時は、コードと部屋番号がチェックイン直前で変更された。ホームページのFAQの項目を覗いてみるとたまにそういうことがあるそう。登録したメールに変更内容が送られてくるので、万が一の為に外でも使える「電波」の確保は必須。※ホテル内にはWi-Fi有り。
  • 部屋清掃が5日に1度。5連泊以上しないと清掃のサービスは受けられない。
  • 最低限のアメニティーしかないので、2人で数日泊まる人、単身でも長めに連泊する人はシャンプーやボディーソープの買い出しが必要になるかもしれない。
  • 玄関前に灰皿有り。喫煙者が冬にタバコを吸う際は、いちいち厚着をして震えながらタバコを吸う必要がある。逆に非喫煙者にとっては出入りの際にタバコを吸っている人がいると不快に思うかもしれない。

 

とまあ、パッと思いつく限りだとこんな感じかな?

俺にとっては「悪い点」ではなかったので、「知っておいたほうが良いこと」として列挙したことが多いけど、料金的にこれくらいのことはしょうがない。

少なくとも俺には十分なホテルだった。

 

なにか質問があればコメント欄でどうぞ!

 

 

部屋の写真 

 

f:id:kfc22:20171021023905p:plain f:id:kfc22:20171021023805p:plain

f:id:kfc22:20171021023715p:plain f:id:kfc22:20171021023653p:plain

f:id:kfc22:20171024073814j:plain

紙皿がなかったので仕方なく紙コップを代用。

 

 

俺が泊まったホテル 

 

ヘルシンキ

 

f:id:kfc22:20171024064225p:plain

Omena Hotel Lonnrotinkatu

Compare & Save on Cheap Hotel Deals - HotelsCombined

 

ヘルシンキ市内にはオメナホテルが2つあるので要確認。

 

タンペレ

f:id:kfc22:20171024064824p:plain

Omena Hotel Tampere

Omena Hotel Tampere (Tampere, FIN) | Expedia.co.jp

 

懐かしい!


 

オメナホテルについてのオススメ記事

 

どちらの記事もシステムについて結構詳しく書いてあるし、まだ読んでいない人は一応目を通しておいたほうがいいかと。

 

www.kandosaori.com

allabout.co.jp