徒然と書くさ

若輩者による映画備忘録と雑記 ※映画の備忘録記事はネタバレに注意

【映画】ランダム・ハーツ【Random Hearts】

ダッチ巡査部長(ハリソン・フォード)は、マイアミ行きの飛行機が墜落したニュースを出先のTVで観ていた。その時は何も気に留めていなかったダッチだが、家に帰ると、出張でマイアミに行くと妻・ペイトンからの留守電が残っている。ダッチは慌ててペイトンの職場に確認するが、彼女の同僚や上司は出張のことは全く聞いていないと口を揃えて言う。次に航空会社に問い合わせるダッチ。乗客名簿にはペイトンの名前こそないが、身元が合わない夫婦二人の遺体が見つかる。それは紛れもなくペイトンの変わり果てた姿であった。何が起きているのか現実を受け入れられないダッチ。彼の心には、夫として刑事として真実が知りたいという思いが芽生え、ペイトンの夫として搭乗していた男の未亡人に接触する。 

 

感想(ネタバレ注意)

 

大人の恋愛映画という印象を受けた。

 

元から顔馴染みの男女複数人の中でのドロドロした浮気・不倫というのは映画に限らずよくある話だが、本作のようにお互いの夫と妻が亡くなってから知り合って関係が始まる話は意外と少ない気がして、このアイデアは結構新鮮だった。

 

妻・ペイトンに不倫されていた硬派なダッチに同情していたが、途中からは感情に身を任せるメンヘラ男みたいになってしまった彼にイライラしていた。まああんな形で妻を亡くして不倫までされていたんだから辛いのはわかるけどさあ。

 

ダッチの新恋人?で未亡人で議員のケイを演じたクリスティン・スコット・トーマス。アメリカの下院議員役なのにちょくちょく自国のイギリスのアクセントが出ちゃってて笑った。特に感情が昂ぶった時。