徒然と書くさ

若輩者による映画備忘録と雑記 ※映画の備忘録記事はネタバレに注意

【映画】探偵はBARにいる

行きつけの札幌・ススキノのバーにいた探偵(大泉洋)と相棒の高田(松田龍平)は、コンドウキョウコという女からの依頼の電話を受けて早速行動を開始。しかし、何者かに連れ去られ、雪に埋められてしまうという事態に。報復しようと立ち上がった2人の前に、謎の美女・沙織(小雪)と実業家・霧島(西田敏行)という人物、そして四つの殺人事件が浮かび上がり……。

シネマトゥデイ

 

この映画の空気が好き。

札幌が舞台というのもなんかいい。

 

大泉洋松田龍平のコンビ。

おちゃらけ過ぎず、がっつり過ぎず、ゆる過ぎず。

松田龍平のアクションが普通にかっこよかった笑

 

そして、探偵という俺得テーマ。

 

ただ、探偵映画で肝心の脚本が個人的には微妙だった。

小説が原作だけあって、このストーリーは小説向きだと思った。

 

どんでん返しが起こるわけだが、驚きはほぼないし、 悲劇感もなんだか薄い。

 

二作目と三作目はまだ観ていないので楽しみ。

 

探偵はBARにいる

探偵はBARにいる