徒然と書くさ

若輩者による映画備忘録、雑記 ※映画の備忘録記事はネタバレに注意

【映画】パニック・ルーム【Panic Room】

その4階建ての高級タウンハウスにはある隠された部屋が存在した。コンクリートの厚い壁。他とは完全に独立した電話回線と換気装置。そして、家中を映し出すモニターと完璧なまでの防犯システム。その部屋が作られた目的は、たったひとつ、決して誰も侵入させないこと――。離婚して娘とふたりだけで新しい家に移り住んだメグ。そこへ、突然3人の残忍な強盗が押し入ってきた。メグは、咄嗟に一人娘を抱えとある部屋に身を隠す。しかし、“パニック・ルーム”と呼ばれるその秘密の隠れ部屋こそ、彼らが目指していた場所だった……。

allcinema ONLINE 

 

感想(ネタバレ注意)

 

母娘役を演じたジョディ・フォスタークリステン・スチュワート二人の透明感が印象的。

 

攻略不可能の「パニック・ルーム」を3人の強盗側はどう攻略するのか、そして外への連絡手段がない中立て篭る形になった母娘はどうするのか。

ハラハラとまではいかないけど、それぞれのアイデアになるほど〜と感心はさせられた。

 

あと良かった点と言えば、綺麗にまとめて終わったところ。

変にクセを持たせて微妙なエンディングを迎える作品は多いが、本作は視聴者が望む終わり方をしてくれた。

なんだかんだこういう王道なエンディングって製作側としては難しいのかもなあって思ったり。

 

嫌な強盗二人→仲間割れにより死亡

良心が残っている強盗一人→逮捕

被害者たち→生存

 

パニック・ルーム [DVD]

パニック・ルーム [DVD]