徒然と書くさ

若輩者による映画備忘録と雑記 ※映画の備忘録記事はネタバレに注意

【映画】イコライザー【The Equalizer】

解説・あらすじ

元CIA工作員役にデンゼル・ワシントン、彼の心を動かす哀れな娼婦の少女役にはクロエ・モレッツ。ホームセンターの従業員として働く元工作員が、10代の娼婦と出会ったことをきっかけに、警察が関われない不正を始末する姿を追う。

改変元:シネマトゥデイ

 

 

実は元CIA工作員だというそこらへんにいる普通のおっちゃんが主人公。

 

こういう脚本の作品の多くは、その「元スパイ」にオーラがありすぎるからリアリティーに欠けるんだけど、デンゼル・ワシントンは良くも悪くもあまり華がないので、適役だったかもしれん。

 

始末する前に更生のチャンスを与えるところがかっこいい。

俺のアクション妄想にまた一つレパートリーが増えた。

 

 

そしてなんと言っても、日本男児が大好きな娼婦の少女役のクロエちゃんがムチムチ可愛すぎる。

人によっては「育成失敗」 って言いそうだけど、俺はむしろウェルカム。

 

クロエちゃんの為だけにでも一見の価値あり。