徒然と書くさ

若輩者による映画備忘録と雑記 ※映画の備忘録記事はネタバレに注意

【映画】64-ロクヨン-

わずか7日で終わった昭和64年。その年に起きた少女誘拐殺人事件、“ロクヨン”から14年が経過し、未解決のまま時効が近づいていた。そのロクヨンの捜査に携っていた警務部秘書課広報室の広報官・三上義信(佐藤浩市)は、記者クラブとの不和、刑事部と警務部のあつれき、ロクヨンを模倣したような誘拐事件に直面し……。

シネマトゥデイ

 

 

TVにて鑑賞。

 

長い。とにかく長い。

別に長尺の映画が嫌いなわけではない。

 

単純に本作は無駄に長い気がする。

 

せっかくの豪華キャストなのに・・・

 

 

記者クラブと警察広報の小学生みたいな争いがなんだかなー

最終的には協力しあう形にはおさまってたけど、記者クラブとのくだりには終始イライラさせられた。

 

謎解き刑事もの映画なのか元刑事の主人公・三上(佐藤浩市)のヒューマンドラマなのか、どちらにも煮え切らない映画。

長尺だけあって余計中途半端に感じる。

 

 

厳密には前編と後編に分かれる二部構成だが一つの作品として記事にする。