徒然と書くさ

若輩者による映画備忘録、雑記 ※映画の備忘録記事はネタバレに注意

【映画】L.A. ギャング ストーリー【Gangster Squad】

1949年ロサンゼルス、ギャング王ミッキー・コーエン(ショーン・ペン)はドラッグや銃器売買、売春などで得た金で街を牛耳っていた。警察や政治家も意のままに操るコーエンに誰も歯向かえずにいたが、街の平和を取り戻すべく6人の男たちが立ち上がる。ロサンゼルス市警のジョン・オマラ(ジョシュ・ブローリン)とジェリー・ウーターズ(ライアン・ゴズリング)らのチームは、身分を隠し闇社会に戦いを挑んでいく。

シネマトゥデイ 

 

上映当時に映画館で鑑賞した作品。

 

原題より邦題の方が好きという稀有な作品。

名邦題ってわけでは全然ないけど、なんとなく語感よくない?

 

映画館で観た時はかっこいいいって中二心くすぐられてたけど、改めて今観ると「ラ・ラ・ランド」かよってツッコミをいれたくなる。

 

Rotten Tomatoesでは148件のレビュで支持率は32%となり、「『L.A. ギャング ストーリー』はスタイリッシュであり、才能のあるキャストを揃えているが、精彩を欠いた脚本、不充分なキャラクターと過剰な暴力に苦しんでいる」とまとめられた。

 

このWikipediaの総評になんとなく同意。 

重厚すぎないギャング映画好きだけどね。