徒然と書くさ

若輩者による映画備忘録と雑記 ※映画の備忘録記事はネタバレに注意

【映画】サバイバルファミリー

ある日、突然サバイバルが始まった————!?東京に暮らす平凡な一家、鈴木家。さえないお父さん(小日向文世)、天然なお母さん(深津絵里)、無口な息子(泉澤祐希)、スマホがすべての娘(葵わかな)。一緒にいるのになんだかバラバラな、ありふれた家族…。そんな鈴木家に、ある朝突然、緊急事態発生! テレビや冷蔵庫、スマホにパソコンといった電化製品ばかりか、電車、自動車、ガス、水道、乾電池にいたるまで電気を必要とするすべてのものが完全にストップ!ただの停電かと思っていたけれど、どうもそうじゃない。次の日も、その次の日も、1週間たっても電気は戻らない…。情報も断絶された中、突然訪れた超不自由生活。そんな中、父が一世一代の大決断を下す。

サバイバルファミリー - 映画情報・レビュー・評価・あらすじ | Filmarks

 

 

いや〜良かった。

 

途中までは前にも何かの作品で観たことがあるような脚本だなーとか、このままぐだぐだチャリ乗ってて(サバイバルしてて)大丈夫かー?と思っていたが、観終わってみると心に木漏れ日が射した。

 

あの展開が面白かったとかあのシーンは印象に残ったとか、

特段そういうのはないんだけどね。

 

 

監督はウォーターボーイズスウィングガールズで知られる矢口史靖

コメディーとドラマを絶妙に混ぜ合わせたこの雰囲気を作れるのはさすが。

小日向文世深津絵里といったキャスティングも良かったと思う。

 

 

キャスティングと言えば、生意気な小娘を演じた葵わかなが最高だった。

生意気な小娘の時の葵わかなも、素直さが出てきた時の葵わかなも可愛らしい。

本作での彼女は、おっさん俺(20代)の頬を緩ます力を持っていた。

 

ビール片手に観たせいもあるかもしれんが。

 

 

添付したメイキング映像を観てもらえればわかるが、監督自ら取材をしている。

とは言え、サバイバル好きな人や映画好きな人からすれば設定の甘さもいくつかあるのかもしれない。

 

それでも、こういう感じの映画は邦画ならではというか、邦画だからこそストレートに良さが染みる。

 

 

同じ状況に陥ったらみんな同じ立場からのスタート。

苦難の先にある愛や成長をみせられると、数年に及ぶこの原因不明の全世界大停電も俺はありかなと思わされた。

 

 


「サバイバルファミリー」メイキング特番 前編