徒然と書くさ

若輩者による映画備忘録と雑記 ※映画の備忘録記事はネタバレに注意

【映画】コロンビアーナ【Colombiana】

1992年、南米コロンビア。麻薬組織のマフィアたちに目の前で両親を惨殺された9歳の少女カトレヤは、その場を逃れてシカゴでギャングとして生きるエミリオ(クリフ・カーティス)に身を寄せる。彼のもとで殺しのスキルを習得していったカトレヤ(ゾーイ・サルダナ)は、美しいプロの殺し屋として成長する。その技術を駆使して両親を殺した者たちに復讐(ふくしゅう)を果たそうと、彼らの所在を探りながら、殺しを重ねていくカトレヤ。だが、FBIやCIAをはじめとする捜査機関が、そんな彼女をマークし、行方を追い始める。

シネマトゥデイ

 

 

リュック・ベッソンが製作・脚本を務めただけあって、

俺のような素人にはとても観やすいアクション映画。

 

リュック・ベッソンは バランスがいい万人受するアクション映画を作るのがうまいと思う。

 

「レオン」と「ニキータ」の融合という端的な解説に納得。

 

 

一つ残念なのは、主演のゾーイ・サルダナがあまり綺麗ではなかったこと。

設定的にしょうがないとは思うが、終始ほぼどスッピンだったから・・・

 

コロンビアーナ (字幕版)