徒然と書くさ

主に映画備忘録 ※映画の備忘録記事はネタバレに注意

【映画】アンクル・ドリュー【Uncle Drew】

マイケル・ジョーダンに憧れバスケを始めた青年ダックス(リルレル・ハウリー)。あるトラウマから選手の夢を諦め、ストリートバスケチームのコーチをしていたある日、ひょんな事からかつて伝説のバスケ選手だったドリュー爺さん(カイリー・アービング)と出会う。ドリュー爺さんのかつての仲間で爺さんドリームチームを結成し 、ニューヨーク最大のストリートバスケ大会に挑み、大切な仲間や愛を取り戻していく。  引用元:Wikipedia

 

 

友人に誘われ映画館にて鑑賞。

 

俺でも知っているような(現役・元)NBA選手たちを、

映画館のスクリーンでも観られるというのはファンにはたまらないだろう。

 

特殊メイクによって、レジェンドたちが爺さんに扮する様も楽しめる。

 

 

ただ、バスケのプレー自体は楽しめない。

爺さん役ということで、身体能力の設定がかなり抑えられているから(それでもすごかったけど笑)

 

プレーの「質」や「迫力」だけで言うなら、

YouTubeでハイライトや名プレー集でも観たほうがいい。

 

 

そして肝心なコメディーの部分があまり笑えない。

 

日本人の笑いのツボとは違うとかそういう話じゃなくて、

単純にコメディーとしてあまり面白くなかった印象。

 

誰かと観る際は下ネタが多めなことも留意したほうがいい。