徒然と書くさ

主に映画備忘録 ※映画の備忘録記事はネタバレに注意

【映画】スターリングラード【Enemy at the Gates】

実在した第二次大戦の伝説のスナイパーの極限状況における愛と苦悩を描いた戦争ドラマ。1942年9月。ナチス・ドイツの猛攻にさらされ陥落寸前のスターリングラード。そこへ送り込まれた新兵ヴァシリ。敵の銃弾が降り注ぐ中、死体に紛れて反撃の機をうかがっている時、同じように身を潜めていた青年政治将校ダニロフと出会う。ダニロフのライフルを借りたヴァシリは驚くべき正確さで敵兵を次々と仕留めていった……。

allcinema ONLINE

 

 

若かりし頃のジュード・ロウの碧い瞳が印象的だった。

エド・ハリスの碧い目はいつも印象的。

 

そしてヒロインで恋人役のレイチェル・ワイズとの濡れ場シーン。

レイチェル・ワイズの白いお尻エロすぎ。

ハードなシーンだったわけではないのにどこかエロスを感じ、不覚にもあのシーンで興奮してしまったわ。

 

オチ以外は概ね文句無し。

あんな甘い結末じゃなくて良かった感はある。

ヴァシリか恋人のターニャが死ぬべきだったと思ってしまう・・・

戦争映画ということもあって、本作で大事な部分でもある英雄ヴァシリの苦悩や葛藤が霞んでしまう。

 

 

鑑賞前は「スター・リング・ラードって地名の響きなんかカッケェ」と中二病をこじらせたが、

実際はスターリンにちなんで名付けられた「スターリングラード」だったと知ってちょっと落胆。

まあソ連の地名なんだしよく考えればわかったことか・・・笑

 

現在はヴォルゴラードと都市名を変えているとか。

 

スターリングラード (字幕版)