徒然と書くさ

主に映画備忘録 ※映画の備忘録記事はネタバレに注意

ミスト【The Mist】

ショーシャンクの空に』『グリーンマイル』のフランク・ダラボン監督がスティーヴン・キングの小説を映画化。霧の中に潜む謎の生物に追いつめられ、常軌を逸し、やがて極限状態に陥っていく姿を描いたパニック・ミステリー。

ミスト - 映画情報・レビュー・評価・あらすじ | Filmarks映画

 

 

B級映画だと思って全く期待していなかったこともあってか、反動がでかい。

B級どころか優秀な監督が作った映画だった・・・

 

 

なんといってもラストのアレ。

賛否両論あるみたいだが、予想外だったこともあって俺はかなり好き。

 

 

希望を捨てて集団自決するのちょっと早すぎない?とも思ったが、

 

謎の生物に車を囲まれ、襲われ始めてから集団自決

→さあ残るは俺だけだ!殺してみろ!

→目を閉じて死を覚悟。絶体絶命!

→バン!バン!バン! ・・・ん?

→軍によって生物は殺され霧も晴れる

 

って展開は、もっとなしだわと思う。

 

 

ラストに注目が集まりがちだが、ラスト以外も悪くはなかったと思う。

 

あの宗教オバさんの存在はあながち馬鹿にできない。作品的にも現実の社会でも。

 

日本では考えにくいが、アメリカならああいうことは十分起こり得る気がする。

 

恐怖での集団ヒステリー、謎の生物よりも実は同じ人間の方が怖いといったようなメッセージはありがちかもしれないが、やっぱりあの宗教オバさんのキャラは嫌いになれない。

 

謎の生物のCG?はそれこそB級感満載だったが、時代もあるのでご愛嬌。

そもそも設定自体のB級感が半端ない。

 

 

どこかクセになりそうで、後味を残してくる、そんな作品。

 

ミスト Blu-ray

ミスト Blu-ray