徒然と書くさ

主に映画備忘録 ※映画の備忘録記事はネタバレに注意

【感想】沈黙の標的【Out for a Kill】

考古学者のロバート・バーンズは、助手と共に中国で発掘作業をしていた。 そんなある日、発掘した古美術品が犯罪組織の麻薬密輸に利用されているということを知る。秘密を知ってしまった彼は組織には命を狙われ、麻薬取締局からは組織の仲間だという疑いをかけられてしまう。 しかも彼の助手や愛する妻は組織によって殺害されてしまうのだった。怒りに震えるロバートは組織への復讐を誓う。彼こそ伝説の大泥棒「ゴースト」だったのだ。

沈黙の標的 - Wikipedia

 

今まで観てきた沈黙シリーズの中でも際立ってひどい笑

 

B級感満載、ツッコミどころ満載

 

製作陣は視聴者を笑わせたいのか・・・

 

セガールのアクションすらも微妙だが、沈黙シリーズに対する愛おしさは不変

 

沈黙の標的 [DVD]

沈黙の標的 [DVD]