映画メモ

映画備忘録 ※ネタバレに注意

【感想】キス・オブ・ザ・ドラゴン【Kiss of the Dragon】

麻薬捜査のため中国からパリにやってきた捜査官リュウ。地元パリ警察のリチャード警部とともにフランス―中国間で麻薬密売を行う中国人ギャング、ソングの逮捕に向かうが、闇で麻薬密売の独占を狙うリチャード警部によって、ソング殺害の犯人に仕立て上げられてしまう。逃亡するリュウは途中で娼婦ジェシカと出会うのだが、彼女もまた、リチャードに騙された一人だった……。

映画データベース - allcinema

 

アクションは確かにかっこいいが、ストーリーは普通。

俺にはB級アクションにしか思えなかった。

ド派手なハリウッド映画に慣れすぎてしまったか・・・。

 

針を使うアクションが印象的。

 

娼婦のジェシカを演じたブリジット・フォンダが綺麗。

 

本作をフランス映画と呼んでいいものかとも思うが、脚本・製作がリュック・ベッソンで監督はフランス人、制作国にもフランスの名があるから、一応非英語圏映画のタグにも追加しておく。

キス・オブ・ザ・ドラゴン スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

キス・オブ・ザ・ドラゴン スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]