徒然と書くさ

若輩者による映画備忘録と雑記 ※映画の備忘録記事はネタバレに注意

【映画】ドラゴンボール超 ブロリー

鳥山明原作の大人気アニメ「ドラゴンボール」シリーズの劇場版20作目となる記念作品で、2015~18年に放送されたテレビアニメ「ドラゴンボール超(スーパー)」を映画化。15年の劇場版「ドラゴンボールZ 復活の『F』」同様に、鳥山が自ら原作・脚本・キャラクターデザインを担当した。「力の大会」が終わり、宇宙にはまだまだ見たことのない強者がいることを知った悟空は、さらなる高みを目指して修行に明け暮れていた。そんなある日、悟空とベジータの前に、見たことがないサイヤ人ブロリーが現れる。地獄から再び舞い戻ったフリーザを巻き込み、悟空、ベジータブロリーという3人のサイヤ人の壮絶な戦いが始まる。

ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー : 作品情報 - 映画.com

 

 

実はドラゴンボールを観たことがない俺。

 

ドラゴンボール知らないのはやばい」

「まじで面白いからアニメでも漫画でもいいから観ろ」

「この映画の話は独立してるからドラゴンボール知らないお前でも楽しめるはず」

 

と親友たちの猛烈なアプローチを受けて彼らと映画館にて鑑賞。

 

 

興味がないわけじゃないんだけど、あまりにも有名すぎてそういえばちゃんと観たことがなかった。

 

 

率直な感想としては「おもしろかった」

 

特に戦闘シーン。

俺がわかるワンピースと無意識に比較してたんだけど、

ワンピースの戦闘シーンよりも動きが早くて豪快で・・・

 

そもそも設定のスケールがでかいからね。宇宙でてくるじゃん?

 

そりゃ少年心をくすぐるわけだ。

 

 

作品とは関係ない不満を言うと、効果音がうるさすぎた。

 

劇場版『ドラゴンボール超 ブロリー』オリジナル・サウンドトラック
 

【映画】シュガー・ラッシュ【Wreck-It Ralph】

ゲームセンターにある"Fix-It Felix"というゲーム内で30年間も悪役を続けていたウルフ。悪役以外のキャラたちから疎まれるそんな生活に嫌気がさした彼は、設定されているプログラミングに反して「ヒーロー」になろうとしてしまう。そのことが発端で、とんでもない騒動に周りを巻き込んでいく。

 

 

友達の付き合いで、本来字幕派だが吹き替えでDVD鑑賞。

 

アニメ映画だし、主人公ウルフのCVが山寺宏一だったからそんなに違和感や不満はなかった。

 

 

自分から率先してディズニー映画を観ることはまあないけど、さすがディズニー。

 

本作に限らず、起承転結がしっかりしててコミカルな部分があり、大人になってもなんだかんだ安定して楽しめる。

 

 

ターボ(悪役)がキャンディ大王に扮していたこと以外はなんとなく展開が読めた笑

 

【映画】ザ・スナイパー【The Contract】

森の中を逃走していた初老の殺し屋と、偶然彼に出くわしたことから犯罪組織に狙われる羽目になった父子が、それぞれの務めを果たすため奔走するサスペンス・ドラマ。

allcinema ONLINE

 

 

設定や脚本は俺好みだったからか、観ていて苦ではなかった。

 

ただ、面白いかと言われると特段面白くはないし、

完成度が高いわけでもない(ツッコミどころも多々)

 

 

あと、邦題の下手さ笑

もっと他に適しているタイトルあったろ・・・

 

 

モーガン・フリーマンって名優だけど、

こういうB級っぽい作品にもよくでてるよな〜

 

ザ・スナイパー [DVD]