徒然と書くさ

若輩者による映画備忘録、雑記 ※映画の備忘録記事はネタバレに注意

【映画】キサラギ

 

観るまでタイトルの意味が全くわからなかったけど、如月ミキというアイドルの一周忌にファンサイトを通じて集まった5人の男を映画いた作品。つまり、キサラギってのはそのアイドルの苗字だったわけね。

最初はただの一周忌のために集まったんだけど、次第に自殺で亡くなったとされる彼女の死の真相に近づこうとそれぞれのエピソードや知恵を出し合って推理することになる。

結論が出たとはいえ推論でしかなくて結局真実はわからないままだが、5人的にはその5人が集まらなかったら知りうることのなかった情報やその推論に満足した形でのハッピーエンド。如月ミキへの愛を再確認っていったところか。

ただ正直この都合の良い解釈の仕方というか推理がなんか気持ち悪かった。みんな一年でミキちゃんの死を受け入れすぎじゃね? 自分が大好きな身内 (アイドル) が死んだんだからもっと喪に服してほしい。笑

 

 

まあ感想としては、普通におもしろかったとは思う。

 

エンディングでミキちゃんが登場してきたときはびっくりしたし出さないほうがいいと思った。しかも俺その女優知らないしまじでアナタハダレデスカ状態。
あるレビューをみて思ったのが、如月ミキは売れないD級アイドルなわけだから、(だからこそ集まった5人中4人が身内なわけで笑)最後に顔が出るシーンで、とんでもなくブスでしたってオチにするんだったら顔出しもありだった気がする。笑

何かもう一捻り欲しかった。

 


あと一つ思ったのは、別にこの作品映画じゃなくていいかなって感じ。

あのB級感はあのキャストでわざわざ演出しなくていいと思うし、あのキャストであの感じなら特別枠とかでやるドラマでいいと思う、という身勝手なクレーム。

最後の宍戸錠のくだりには、ん?ってなったけど、この作品は舞台版がオリジナルだからそのへん関係とかあんのかな?

そして映画化のあと小説になるっていう、珍しいパターン。

 

 

ミキちゃんが歌うEDのアイドルソングが頭から離れない。笑 あの音痴具合といい中毒性がやばい。