徒然と書くさ

若輩者による映画備忘録、雑記 ※映画の備忘録記事はネタバレに注意

【映画】フランティック【Frantic】

学会に出席するため、妻サンドラと共にパリを訪れたリチャード医師(ハリソン・フォード)。しかし、リチャードがシャワーを浴びている間にサンドラが消息が不明となってしまう。妻を探すため、リチャードは言葉の通じないパリの街を一人奔走する。

 

感想(ネタバレ注意)

悪の組織のスーツケースと自分のスーツケースを空港から間違えて持ってきてしまったために誘拐されてしまうサンドラ。何が起こっているかわからず誘拐されるサンドラと、何が起こっているかわからず異国の地を奔走するリチャードには同情してしまう。そして、リチャードの行動力と勇敢さは天晴れ。

 

途中から事件の鍵を握る若い女が相棒役(ヒロイン)として登場してくる感じとか、物語の展開や演出が一昔前といった感じでそこがいい。SF系だと昔の映画になればなるほど個人的には苦痛だけど、サスペンス系だと昔の作品には味があってむしろポイント高かったりする。

 

フランティック [DVD]

フランティック [DVD]